遺言・相続手続き支援サイト

 相続登記代理 遺言書等作成支援  死後事務・遺言執行  費用について
 遺産整理業務  相続放棄等裁判書類作成  よくあるご質問  サイト運営事務所紹介


遺産分割協議による相続登記


亡くなられた方(被相続人)が遺言を残しておられない場合、相続人全員の話し合いによって、被相続人の財産をどのように分けるかを決めるのを遺産分割協議といいます。被相続人に子供がいる場合、配偶者は相続財産の2分の1、残りを子供で等分に割るといった法定相続分というのもありますが、遺産分割協議を整える上では、法定相続分を考慮する必要はありません。

相続登記の際は、遺産分割協議で決まった内容を、遺産分割協議書にまとめ、相続人全員で実印を押印し、印鑑証明書と一緒に提出する必要があります。



遺産分割 相続登記 大阪市西区 
遺産分割協議による相続登記

遺産分割協議により不動産を取得した相続人は、単独で相続登記申請を行うことになります。

相続登記に必要な書類は以下のとおりです


遺産分割 相続登記 依頼 
遺産分割協議の種類

被相続人の相続財産が、不動産、預金、有価証券等、法定相続人がおおよそ平等に分けあえる場合はいいのですが、相続人の一人が居住している不動産のみが唯一の相続財産であるというケースもあります。

遺産分割 依頼 司法書士 大阪 
無償分割
相続人の一人が相続財産全部を取得し、他の相続人は何も取得しないという場合の分割があります。一般的に「相続の放棄をする」という表現を用いられます。家庭裁判所で行う相続放棄手続きとは趣旨が異なります。

遺産分割 司法書士 登記 大阪 
代償分割
相続人の一人が相続財産全部を取得する代わりに、全財産を相続した相続人が、他の相続人に対し、金銭(代償金)を支払うという方法があります。 



遺産分割 大阪市西区 司法書士 
遺産分割協議にまつわるご質問

遺産分割 方法 相談 
相続人の一人が行方不明の場合はどうすればよいか

遺産分割 書類 費用 相続人の連絡先が分からない場合、戸籍調査等によって住民票上の住所を調べ、連絡をとる方法があります。
戸籍調査等によっても、相続人が住民票上の住所に住んでおらず、誰も行方を知らない場合、失踪宣告や不在者財産管理人選任申立等を行って、手続きを進める必要があります。


遺産分割協議 大阪 司法書士 相続人の一人が海外に住んでいる場合

遺産分割 大阪 相続登記 相続人の住んでおられる国が日本と国交がある場合、日本の大使館、総領事館があるはずですので、そこで遺産分割協議書にサインをし、総領事館等でサインしたことの証明を出してもらい、その証明書と遺産分割協議書を相続登記の申請時、提出することになります。



遺産分割 相続登記 大阪 相続人中、判断能力が十分でない人がいる場合

相続人中、認知症等により、判断能力が十分でない人がおられる場合、後見等申立を行い、裁判所に後見人等を選任してもらう必要があります。
その上で、遺産分割協議書には、後見人等に署名捺印をしてもらい、後見人等の印鑑証明書を提出していただくことになります。

なお、相続人の後見人は、被後見人の財産保護という観点から、法定相続分以下の遺産分割協議を行うことはできないため、それを考慮した内容の遺産分割協議を行う必要があります。



司法書士 大阪 相続登記 依頼 遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書は、被相続人、相続財産の表示、相続人の表示等が明確に記載されていなくてはなりません。
被相続人の表示は、氏名だけでなく、住所や生年月日、死亡年月日も記載しておくのが望ましいです。


平成  年  月  日


遺産分割協議について、お困りのことがございましたら、平木司法書士事務所までお気軽にご相談ください。

平木司法書士事務所 〒550-0002 大阪市西区江戸堀一丁目23番26号西八千代ビル9階
電話 06−6445−5767  問い合わせ
営業時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時30分
(土、日、祝日、営業時間外や外出で不在のときは転送により電話を受け付けております)